• ELI

SWINDLEとGOODWEATHER


そう、あれは2013年の9月。

SWINDLEが愛と平和と音楽の使者と名乗る前から

すでに、そんな気がしてならなかった金字塔"Long Live The Jazz"をリリースしてまもなく

東名阪でツアーをしたのが1番最初。

そしてGOODWEATHERがもっとも希望に満ちてGRIMEを見つめたのもその頃。

その頃のぼくが書いたプロフィール文はこちら

サウスロンドン出身、8歳でピアノを学び13歳で独自にトラック制作を開始。 ジャズ、レゲエ、ソウルミュージックから影響を受けながらも、 同世代のHIPHOP、GRIMEトラック制作で頭角を表す。 Chipmunk、ProffesorGreen、RollDeep、RosesGaborらとコラボレーションワークを重ね、 インストゥルメンツ・プレイヤーのバッググラウンドを活かした、ジャジー&ソウルフルな身体性に、レイブ~グライムの現代的な感覚を練り込んだフレッシュなベースミュージックは瞬く間にダンスフロアでの支持を獲得する。さらに2010年、「BUTTERZ」レーベルの人気DJユニット、 Elijah&Sklliamとのリンクアップにより、さら活動の場を広げ、TerrorDanjah、Roska、 Royal-T、Silkieとの共作でラジオヒットを量産。DEEP MEDIからのシングル”DO THE JAZZ"は クロスオーバーヒットとなり、べースシーンにとどまらない人気を獲得、アメリカ、南アフリカツアーを決行し、成功を収めた。

そう、すでにもうSWINDLEはインストグライムという以前に、インスト、いやサウンドエスケープ的なミュージシャンとしての才能は一流を約束された存在だったんだ。

だから、東名阪のブッキングはこうなったんだよね。

GW#33

ダンスミュージックは、自由であり無限大に拡がるインストゥルメンタルの可能性をもってる。

故に、SWIDNLEのもつファンキーでソウルフル、でもロンドンだからこそのメルティングポットな側面を、どうやってみんなで面白く紹介できるだろう!

そういう中でその時最も最高でベストなプレイヤーを集めるとこうだったんだと今でも思う。

今ならどうなろう、今ならもっと通じたかもしれないね。

そしてこのメンツが一晩に集まるきっかけは、もう無いのかも知れない。

Sauce81,SKYFISH,BRISA,Seiho,CHELSEA.JP,そしてPART2STYLE

ベースだ、ぐらいむだ、ダブステップだ、UKだ、なんだ、かんだ。

それは、それで最高なんだけど

コンシャスってそういうジャンルで括ることだけじゃなくて

この現象を如何に”若い人”に伝えれるかなってことが、最大限の目的だったと思う。

クロスオーヴァーっていうのは、そんな容易いオールジャンルではなく

コンシャスだからこそ、1本道筋から拡がる地図であり、まさに世界旅行なのだ。

さて、その後。

もはやその後はSWINDLEは爆発的に世界中を巡ることになる。

南アフリカ、ブラジル、アメリカ、マレーシア等々。。。世界のあらゆる地域で

彼の感性はより音楽へのひたむきな追究と自己ルーツへの帰依が混ざり、豊かになった。

そして3度目の来日。彼は名古屋へ、帰ってきた。

GW#44