• ELI

rural2017


とっくの前からCRZKNYの夏場所巡業ツアーはじまってまして。

ツアー”MERIDIAN"と銘打ってもよかったくらいですが

各会場の思惑を優先して、それはぼくらだけのツアーになってますがw

rural2017最高でした。

試された場所、このドがつくアウェイでどれだけやれるのか

ポツンと大自然ののどかな風景画におちた黒墨のようなケニーさんの後ろ姿を

ずっと見てましたが、いや、もうこの進化は現場でしか伝わらないけど

”カオスUKが電子音楽のライブをしている”という様は素晴らしかったです。

何よりも万全たるサポートをしてただいたrural,Contact.Pioneer(それとt.s.l.l./VOID)に感謝。

中の人がガッツリブチあがってくれて、やっぱどんな音楽でもアティチュードは大事。

燃え上がらせて、踊らせて、そして叩き割るような衝撃だったと思います。

黒くてカッチョイイスタックのPioneerのXYシリーズ、本邦初公開だったそうです。

ルックも含めてヴィンテージ感のある艶と堅実なサウンド、ジャパンメイド感ある良さでした!

Theater 1のコンセプトに、MIKE INKの(Wolfgang Voigt)のSTUDIO 1があって、そしてそのコンセプトは、キチンと終結してたんだけど。その物語のゴールをこうやって完結できたのは嬉しかったな。

見事に、アルバムタイトルの如く”FIN"をした瞬間は忘れられないです。

もちろん、GASのライブをVOIDで堪能したことも、天界なのか、冥界なのか。

自然に溶けていく電子の粒は体を抜けて、音楽に浸る喜びでした。


0回の閲覧
  • SoundCloudが - ブラックサークル
  • Bandcamp  - ブラックサークル
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2017 GOODWEATHER / NGO / JPN