• ELI

LOSER


22日は#GWv2ことGOODWEATHER2.0に遊びに来て頂き、ありがとうございます。

最高の夜でしたね。

ほんと妥協なくやるって結構難しいと思う

トータルのコストや集客、ヴェニューに理解度や協力姿勢

お客さんが絶対楽しめる内容etc...

ケニーさんのブログに全てが書かれていて

もはや自分からなにか言う事ってないんだけど😹

けど、やっぱり思うのは

クラブでしか出来ないコトってコレなんでは、って思ったって事。

理屈なき音楽体験、言葉にできない、ただ「ヤバイ」ってダケしか言えない

そんなことが出来て、かつそれが一晩楽しめるのは、クラブだけ。

まるでライブハウスのような、転換につぐ転換の内容だったけど

それでも筋はしっかり通せたと思う。

誰かが言ってくれた「これがベンチマークになる」っていう

そういう指針や目標は果たせたと思う。

さて

今年ずっと気に入ってるインタビューがあって

G.B.Hという、UKハードコアの原点というべきバンドのフロントマン

コリンのインタビューなんだけど、兎に角胸に迫った。

言葉全てがカッコイイし、頷いてばっかりなので皆様にも是非

GOODWEATHERも、こんな気概で運営しているところがあって

とてもシンパシーを感じていました、勝手に。

「少数派。常に負け犬でいたい」

パンク頭の先駆者G.B.H.、40年後の有り様〈6:4のアティチュードとスタイル

やっぱ自分にはこういうマインドがしっくりくる。

自分にとっては社会的判断にものっとった😹芸術的視点で運営してても

世間には反抗しているように思われる。

今でも同じ事を繰り返してる中で、それでもやっている。

やるべきことを、ただやっていくだけ。

それが難しいけども、心を離せない人生ごと狂った音楽ってやつなんでしょうね。


0回の閲覧
  • SoundCloudが - ブラックサークル
  • Bandcamp  - ブラックサークル
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2017 GOODWEATHER / NGO / JPN