• ELI

配信とフィジカル


実はこのブログ、年末に書いていたのですが

諸事情でクッソ忙しくなり放置してました💦

なので書き出しが呑気な年末風味です。。。。↓

この世は今年のBEST@@@が発表されていますが

私としては今年GOODWEATHERとしてCRZKNY関連でリリースをしまして。

BANDCAMPと配信サービス、そしてSUNNY DAY SERVICEとのブートアナログと

極端ですがとてもいい内容だったのもアリ結果的には売るという行為をとても学べました。

なので今年の学びとしてその結果的な部分から個人的感想を。

ど素人からのレポートなので、散々やられてる人からは当たり前なことばかりけど

あと、実売価格、最初は開けっぴろげに書いてましたが

やっぱご時世というか、伏せました。直接話をしてくれたら話しますけど

実売の数字っていうのは売り手の管理責任だもんね、とも思ったので。

まずはBANDCAMPから

こちら、既に説明するまでもないんですけど

バンキャンの利点ってマージンなく(バンキャンとペイパルの手数料はあれど)

売上げはダイレクトに入りますよね。

14ドルのアルバム1枚につき、手数料をさっぴくと大体10.4ドル程度が入ります。

これって買う人のアイコンがずらーっと並ぶわけでは無いんですね、数があっていない・・・

多分アカウントの有無なのかな?

こちらデータ販売では堅調な売上げでして、物販のロゴをCASPER氏にお願いできる程度には

しっかりした数字をとれました。多謝&買っていない人も是非かってね

しかし、バンキャンでの単純Play数は13000回越えてるw・・・!えー、買ってよ

これはつまりは全曲聴ける設定にしていたが故の結果なんですよね、1曲だけ、とかリミットがあるとか、バンキャンのサブスクにするべきだった、とか。

もしくは視聴はYouTubeでバンキャンではアルバム単位のみ販売ならまた違ったのかと思います。

ただ、サウンドの性質としてこのほうがより聴かれるだろうし、実際売上より広く聞かれるほうが重要であると判断したためにこんな感じ。

で、つぎは配信。

こちらはTUNECOREというオンラインディストリビューターを介して

AppleMusicやSpotify、Google MusicにOTOTOYなどサブスクリプションで1年間

(厳密には発売が2月なので2〜12月)売ってみてだいたい10万回弱ほど再生。

おお、思ったより聞かれてる。。。

これは明らかにPitchforkに取り上げられたのが大きいでしょうね。絶大です。

そして、このサウンドがやはりクオリティある欲しかったサウンドだったっていうのがデカイ!

そして思った事として言えるのは月でみるとほんと小銭ぽい、でもこれ単純に面白いなって

気がついたのは、”再生されたら利益”っていう事一点でだけでいうならば、初動1か月で1曲あたり7万~8万再生できるようなアイドルやラッパーで、かつ多作だとダイレクトに強い。と言えるなと。

つってもこの数で月/10万円ほど。手売りの現場EPを1200円で売ったとしたら感覚的には100枚。

そもそもが初動でこんだけ動くなら現場ライブの手売りが遙かに楽しいし(楽しさは大事です)売れるでしょ。。。とは思ったけどプラスア