• ELI

DJ ANACONDA


シカゴハウスから派生したゲットーハウスのポジティビティはもはや改めて語る必要が無いくらいで 現在ではあらゆる国籍や人種を越えてこのメンタリティは強く根付いている。 それが昨今のJUKE/FOOTWORKに繋がるレーベル、Dance Maniaであり、 そこから飛び火したUC(Underground Construction)であり、さらにそれはイタリア、UKやオランダ、はてはドイツ、フランスから日本まで飛び火し、303アシッドと808キックの波にのって変化しあらゆるハードハウスへのフォーマットとなっていった。 明快に楽しんで激しく揺さぶるごく単純なハウスグルーブと下ネタ満載のサンプリングやMCは、どんな時代でもフロアにあつまるクラウドの為だけにあって、そこにはある意味敬虔なフロアへの信仰すら感じる瞬間がある。 もの凄い下ネタなのにね😹 さて、2019年、CRZKNYがリリースするゲットーハウス群は広島という地方のある意味メインストリームシーンからは閉ざされた環境からストリート、そしてダンスフロアへむけた最強のメッセージ まさにサンプリングされた言葉は強烈であり、下世話であり、正しくも”ヒドイ”楽曲がまさに勃ってる。その全てがキック1発でナイトクラブの楽しさを全て凝縮した”ゲットー”を感じることができる。ゲットーは環境じゃなく、ゲットーっていうマインドなんだと知る事が出来る。

そして、スタミナたっぷりの13曲を飲み干した頃には漲る何かを感じると期待してイイよ

こちら、年末に突如アップした「俺のアレはアナコンダ」(最低)

この曲もアルバムはバージョンになってます!強力に振り回してます!アナコンダを!

このアルバムのCRZKNYの真骨頂である研がれたミニマルビート主体で、そこに野太いストイックなアシッドがギョンギョン絡むゲットーハウスに体をなげうって、精根尽きるまで夜通し踊り明かす頃にはなぜだか活力とスタミナを感じるだろう。 いや、CRZKNYではなく、ここではDJ ANACONDAか🐍 ったく、しょーがねーな!#ケニーさんのアナコンダ と極太ベースでケツを振れ!

https://goodweathersounds.bandcamp.com/

ANACONDA TRAX vol.1 by DJ ANACONDA $15.00

DJ ANACONDA – ANACONDA TRAX vol.1: 01. MY DICK IS ANACONDA (135BPM ver) 02. COCAINE (135BPM) 03. DON’T GIVE A SHIT (135BPM) 04. DIS IS HOUSE (140BPM) 05. HARDCORE (145BPM) 06. RIOT V.G.N. (137BPM) 07. NASTY (135BPM) 08. ACID PILLOW (135BPM) 09. GHETTO BITCH (132BPM) 10. FREAK (130BPM) 11. $M$O$N$E$Y$ (130BPM) 12. EMPIRE (130BPM) 13. CRAZYMAN (120BPM)


52回の閲覧
  • SoundCloudが - ブラックサークル
  • Bandcamp  - ブラックサークル
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

© 2017 GOODWEATHER / NGO / JPN