• ELI

ローリン、ローリン


すぐにめんどくさくなって書かなくなっちゃうけど

やる気のあるウチにポスト増やして皆が読んでくれたら

ちょっと違う音楽の話のネタにもなると思う。

そんなわけで今回は

"なんであの車が横スベリしたりターンして煙りもうもうになるとイカスのか"

つまり、ドリフト、です。

ほんと好きだよね、ドリフト。まーじで世界規模のイベントだもん。 ストリートモーターカルチャーはドリフトでいいんじゃないか?って思うし

ドリフト否定すると、一気に「コイツ根性なし」っていうレッテルも凄いw

ぼくですか?は?第一世代ですよw

で、アメリカのMVってめっちゃ車ありきのつくりなのに、このドリフトシーンってすっごく少ないと思いません?もっと、こう街を流す、じと〜〜っとしたスピードで転がしていく感じ。

何故かというと、ドリフトって日本発祥のカルチャーだからです。

アメリカからするとドリフトはサブカル、輸入された”理解できないヤバミ”のストリートカルチャーだから正直取り入れにくい、取り入れるとサブカル前提になる、というわけです。

ここポイントです。アメリカだと、サブカルなんです。

というわけで、最近1番目にするドリフトってコレだと思う。

Sampa The Great - OMG (Official Video)

ここではダーバン発祥の南アフリカGqomシーンの説明は割愛します、もう散々イギリス人が夢中になって取り上げてるしそこじゃないから、書きたいのはw というわけで、南アフリカ大好き故に、NINJATUNEからREDBULLのサポートで作ったMVにはほぼドーナツターンとスタントが軸になってます。 駐車場でひたすらグルグルするのを彼らはSPINNINGって言ってて基本この国におけるドリフトはこのスピニングを軸に展開するスタント競技です。

しかも、南アフリカのユースカルチャーと、このほぼスタント的ドリフトには実は日本人の影響とアメリカからのサブカル発信が絶大なのです。

もう1本MVをあげて置きます

LV and Okmalumkoolkat: Sebenza ( Hyperdub July 2012)

HyperdubのボスKODE9はJUKEやGqomの持ってる熱量に惚れ込んで世界中に広めた貢献者だと思う。思ってる。思ってるぞ!w けどここではそれは一先ず横において、やっぱよくわかんない空き地でグルグルスタント競技をやっているのが見れます。

このドリフト、そも、なに始まりって思いません?

ドリフトっていいだしたのはドリフトキングakaドリキンこと土屋圭市が広めました。

広めましたっていうかイニシャルDと一緒で要は彼もストリートレーサーの1人だったのです。

1980年代初頭、いわゆる峠から下る(かっこよくいえばダウンヒル)ラリーのノリで小さい排気量の日本車が転がるように横スベリしながら速く駆け抜ける違法行為(違法ですよw)に当時の若者は夢中になってました。その時の彼のマシンはKP61スターレット。

お母さんが乗りそうな自家用車を70馬力までチューニングして下り最強を誇ったわけです。

何故か、それは車重700キロという超軽量が有利だったんですね、で、当時ドリキンの頭はパンチパーマw 確かハコスカ時代はアフロヘアだったはず。

70年代にクソガキだった土屋氏は白のツナギにパンチパーマで正統派昭和の暴走族スタイル、笑っちゃいますがこの時はこれがBAD HOPのように格好良かったのです。

このドリキンは面白い事にプロレーサーになってお茶の間に登場するようになるとドリフト走行をちゃんとしたレース競技の中の技術の1つであるとすると同時にドリフトインプレッションで当時のメーカーが出すスポーツカーを紹介するという商法を編み出したのでした。もう笑いますよ。

で、それを収録したVHSや特集された雑誌は鬼のように売れて、昭和45〜55年生まれのクソガキ共のハートを鷲づかみにしたのです。パンチの不良はレーサーの鏡になったのだ。

つまりメディアを駆使する不良の第一人者ともいえます、なので彼はyoutube以前にホームページで動画公開も非常に早くから展開していました。頭が良い不良だったわけです。