• ELI

新しい国が出来た人口わずか15人


子供の頃からの憧れ、それはアルミ輝くエアストリーム。

アメリカの広大な大地をシルバー輝くボディがピックアップバンに引っ張られ

湖畔の横にたたずむさまは、優雅な週末キャンプ生活の象徴。

よし、もう仲良しの皆で土地買ってトレーラーパークでカワイイモバイルハウスに住んじゃお!

争いの無い世界!差別の無い自由な生活!新しい国ができた!

Taylor Swift - You Need To Calm Down

大量のキャンピングカーが集まるハッピーなレインボービレッヂにはファンシーで今すぐにでも真似たい”映え”要素が満載のこのMV。

パステルカラーで現政権、トランプ&共和党への皮肉とスタンスをたっぷり込めたこの作品は彼女の政治的活動も合わせてすごく話題になったしワイドショーでは長年の喧嘩相手ともビデオ内で和解を演じたことも紹介されて事細かにディティールは解説されていると思う。

で、このレインボーファンタジーテイラー村には数々のトレーラーホームが。

彼女の政治的ポジションも含めて極めて先鋭した表現だなと思ったわけです。

というのも。。。まずこのトレーラーホームと白人といえば。。。

Eminem - Lose Yourself

ご存じ、エミネムの半自伝と言われるロストジェネレーション代表映画 ”8Mile"

この映画には白人貧困層がどんなに惨めかの象徴としてトレーラーホームが出る。

このMVも主題歌だし当然出てくるが、マイク1本で成り上がる他がないという「自分が進むべき道」も見える。実際良い映画だなって思ったし同世代の白人の10代何があったかを知ったきっかけとも言える。あの時代、自分はそうだったけど、彼らはこうだったんだ、と。

そんで、これを高め位置で思いっきり振りかぶったのが、これ。

Iggy Azalea - Work (Official Music Video)

これ、まさにイギーアザリアの成功談を絵にするとこうなるというMVだけど

この後、↑のエミネムとビーフ合戦が延々と続きHIPHOPの老害ジジイvs SNSギャルというカタチを成したのも事実。彼女はご存じの通りまずアメリカ人ではなくオーストラリア人。

「お金もなく 家族から離れ マイアミに降り立った16歳」「必死で働いた、くっそガンバッタ」 この「アタシはめっちゃ頑張った」と、それを言い切る肝っ玉と何かと攻撃されやすいキャラクターゆえに、アメリカ人の白人層からすると生意気が服着てるわけです。 しかも、白人貧困層をモチーフにするっていうのはすごくセンシティブなんだぞ(エミネムが腹をたててレイプすっぞこのアマ!ってラップするのも結構ホワイトトラッシュを露呈するが)というのもビーフ合戦の根源になっているとも言える。

なぜこのトレーラーホームと白人という組み合わせは神経質になるのか。

車輌型のキャンピングカー暮らしはすんごく歴史が古く、遡るとヨーロッパのジプシーによるショウマンズキャラバン(今で言うところのサーカス団)まで遡り、馬にひかせた大型の馬車が寝泊まりできる車輌が1900年初頭には産業革命中のイギリスを中心に改良され、アメリカで「旅行用」として登場したのが1920年代初頭。生活の荷馬車がレジャーのために改良され、紳士の(つまり貴族の)冒険&旅行&開拓に使われ広まり、今で言うところのトレーラーホーム型になったのは1940年代にはほぼ完成していたようです。 (ちなみにその荷馬車、聖書で既に5.5m(18フィート)と記されておりヨーロッパでは道路交通法で移動できるサイズはこの18フィートまでとされている) さて、この旅行用のトレーラーホームは手軽な別荘的要素ををもって一般家庭にまで浸透したのは1950年代、アルミボディの空力を考えられたエアストリームのような大型トレーラーホームは経済力への訴求もあり大流行し大量につくられ、まさに豪華さのピークだった。(自分も欲しいのはこの頃のモデル。正直アメリカのデ